いらご産「人工シラスウナギ」第1号

 

2005年11月、当所初となる「人工シラスウナギ」を作出しました。独立行政法人水産総合研究センター「養殖研究所」が特許を取得している“サメ卵飼育”に依るものです。「栽培漁業センター志布志事業所」に次いで、当所でもこの飼育法の再現性を確認しました。写真1は日齢230、写真2は日齢233です。今回この変化(変態)を初めて観察しましたが、とても劇的で感動しました。飼育期間は約8ヶ月です。

 

写真1:変態中のレプトケファルス

写真2:シラスウナギ(体重約0.15g、全長約50mm)